文部科学省認定 社会通信教育 多変量解析実務講座 混沌のデータから現象の姿をつかむ
多変量解析実務講座
Excelのトレース機能での解説
Excelのトレース機能での解説

得られた値が、どういう式で導かれたのかをチェックする、単回帰分析の例

1.テキストの表を呼び出します

テキストの説明に該当する表をExcelファイルから呼び出します。ここでは、テキストの表2.5を呼び出すためにExcelの「名前ボックス」からFig2_05をクリックして、右の表を表示させています。
Excel解説図

2.計算内容を確認します

得られた数値のセルをクリックすることで、数式バーの「=」の右欄で計算式を確認することができます。
Excel解説図

3.データ間の関係をつかみます

得られた数値の計算が、どのセルを使っているか、参照元または参照先を、セルとセルの関係で視覚的に確かめることができます。
ワークシート分析のボタンの呼び出し方