文部科学省認定 社会通信教育 多変量解析実務講座 混沌のデータから現象の姿をつかむ
現代統計実務講座
教材と学習の流れ~実習教材でスピードマスター~

教材と学習の流れ~学びやすいシステム~

教材と学習の流れ 画像
テキストと連動したExcelプログラムでの実習教材と、親身の指導システムにより、自宅学習で多変量解析の手法を身につけることができます。
教材と学習の流れ 画像

講座概要

a.標準学習期間 4か月+無料延長期間 4か月
b.カリキュラム構成 4単元(各単元4単位)
c.学習サポート
・課題添削……4回/採点・講評
・質問回答……回数制限なし/郵送による
・スタディガイド……4単元分/課題添削に同送
・マイホームページ…個人サイト/課題得点履歴等
・スクーリング……年1回程度/主に東京にて
d.課題・質問提出 1通15円(第四種郵便物)

教材構成

ガイドブック:B5判、初回配本時に送付

通信教育での学習の仕方、Excelの基本操作について(表・グラフの呼び出し、VBAマクロの使用法など)が、まとめてあります。

テキストⅠ、Ⅱ/2冊:B5判、初回配本時に送付

実例を中心に多変量解析法をExcelプログラムと連動させて平易に解説するオリジナル教材です。

CD-ROM

テキストの説明で使われるデータと解析計算をExcelのファイルとして収録。高度な解析法の学習のためにExcelのマクロプログラムを収録。トレース機能で解析のプロセスを確認できます。
トレース機能の実例

報告課題(第1単元~第4単元):B5判、初回配本時に送付

単元ごとの学習の理解状況を確認するテストです。指導講師が採点、講評し返送します。

質問用紙

学科質問を提出するための用紙です。指導講師が回答、返送します。

スタディ・ガイド:B5判、添削済課題返送時に同送/計4回

課題の正答と詳しい解説をします。