文部科学省認定 社会通信教育 生涯学習指導者養成講座 人びとの学びの役にたちたい
生涯学習指導者養成講座
カリキュラム
カリキュラム
こちらではカリキュラムをご紹介します。本講座は6単元構成になっており、1カ月に1単元を学習し6カ月で修了可能です(さらに、3カ月間無料で受講延長可能)。

第Ⅰ単元:生涯学習ボランティア活動

全国各地に展開される活動事例を通して、生涯学習社会における学習、ボランティア活動のあり方がわかります。ボランティア活動を通して、他と共に自己の成長となる“学びあい”が生きがいの充足となります。
1.現代社会と学習ボランティア
2.学習ボランティア活動と方法
3.学習ボランティアの活動
4.学習ボランティアの養成と活用

第Ⅱ単元:生涯学習の方法

生涯学習はいろいろな方法があります。その中で基本となる個人学習と集団学習の特質を知ることができます。また、集団学習でのリーダーシップのあり方を通してグループ学習を学びます。
1.生涯学習の原理
2.個人学習の基本
3.集団学習の基本
4.生涯学習の展開

第Ⅲ単元:学習メニューと学習プログラム

いろいろな学習機会・方法・手段の中から学習者自身が選んで自分の学習計画を作成する学習メニュー方式。学級・講座などの行事計画を立案する学習プログラム。それぞれの特徴を知り、実践的な作り方を習得します。
1.学習メニュー方式による学習
2.学習メニューの作成
3.学習プログラムの作成Ⅰ
4.学習プログラムの作成Ⅱ

第Ⅳ単元:生涯各期の学習と教育

広範囲の年代層が参加する生涯学習社会では、人生各期の特徴を活かした学習援助が必要となります。乳幼児期から高齢期までの特徴を理解して、相手に合った対応を習得します。
1.乳幼児期と少年期の教育
2.青年期の学習と教育
3.成人期の学習と教育・女性の学習と教育
4.高齢者の学習と教育

第Ⅴ単元:成人教育と学習の理解

成人は子どもと異なる生活環境や心身の発達特徴、能力を有しています。成人期の学習能力から学習構造の実態、学習傾向、学習目標などについて広範囲に及んで知ることができます。
1.成人の発達
2.成人教育の原理
3.成人の生活と学習
4.成人の学習構造

第Ⅵ単元:生涯学習と生涯教育

学校教育中心から生涯にわたる教育へと移行した生涯教育の歴史的変化、そして日本の施策、地域における展開や課題を知ることができます。生涯学習ボランティアとして、学習情報の提供、学習相談、まちづくりまで学びます。
1.生涯学習への道
2.生涯教育論の系譜
3.我が国の生涯学習の施策と経緯
4.地域における生涯学習の展開と課題