文部科学省認定 社会通信教育 校正実務講座 校正の力をつける、就職に副収入に
校正実務講座
執筆・指導陣~出版、印刷界の最高権威による執筆~
執筆・指導陣
  • 野 村 保 惠 : あるふぁ企画代表取締役
  • 長谷部 文夫 : 岩波書店社友
  • 小 駒 勝 美 : 新潮社校閲部
  • 布川角左衛門 : 元日本出版学会会長
  • 宇 野 隆 保 : 元朝日新聞社用語課長
  • 藤 田 初 å·³ : 元日本出版学会顧問
  • 野 村 雅 昭 : 前国立国語研究所研究部長 早稲田大学教授
  • 佐 竹 秀 雄 : 前国立国語研究所 武庫川女子大学教授

校正に興味のある方へ

野村保惠
あなたが、校正を勉強してみたいと興味をお持ちのこと、まことに結構な事です。 実務教育研究所では、一人前の校正者になるために必要な素養、基本的な知識と技術を指導し、ひとりでも多くの優れた校正者を育成しようという目的で、早くから『校正実務講座』を開講しております。
活字組版からコンピュータ文字組版へという印刷システムの急速な変化がありました。また、国語審議会の答申などにみられるような、日本語表記の流れの移り変わりもあります。この時代背景の変化にも常に対応できるように、教材及び学習指導を、その都度機を失せず、改訂・改善をしてまいりました。
校正の勉強で大切なことは、多くの問題・実例に触れて経験を積むことです。『校正実務講座』では、その基礎固めとして、実際に起こる、陥りやすい問題点をていねいに編成、記述しています。
コンピュータでなんでもできるとなると、校正という仕事がなくなってしまうのではないかと、心配される方もおられますが、校正は決してなくなりません。今まで以上に重要な仕事となります。コンピュータで全てが済むわけではありません。仕事の節目節目に人の眼が必要です。『校正実務講座』が『構成実務講座』になるような誤りが、むしろ激増しているのが現実です。
コンピュータ時代の現代こそ、いよいよ実力のある校正者が求められます。
この講座の受講によって多くの方々が校正者への道を一歩も二歩も前進されることを期待しています。